【東京】事例から学ぶ会計不正の発見統制~リスクのアンテナの建て方~(会場受講)

申込締切

タイトル
【東京】事例から学ぶ会計不正の発見統制~リスクのアンテナの建て方~(会場受講)   【会員向け(無料)】
セミナー概要

近時の事例から会計不正の端緒を考える

講師

渡邉宙志 弁護士、公認内部監査人、公認不正検査士(プロアクト法律事務所)

開催日程
2024年01月22日 (月)
講義時間

約3時間(質疑応答を含む)

会場開催

2024年1月22日(月)14時~17時
※本講は会場開催セミナーですが、2月5日(月)より編集後の本講の録画動画を配信します(会場受講後にオンデマンド配信もご視聴いただく場合は、WEB受講もお申し込みください)。
※また、本講のオンデマンド配信の視聴のみを希望する方は、こちらよりお申し込み下さい。

申込定員
30
申込締切
2024年01月22日 (月)
開催場所

株式会社商事法務 会議室(東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント3階)

開催趣旨

 昨今、不祥事を起こした企業に対する社会からの視線は、ますます厳しさを増しています。企業においても様々な対策を行っているところであるものの、不祥事件数が減少していく兆しがないのが現実です。
 なかでも、不適切会計による不祥事件数は上昇傾向で、2023年度上期における上場企業での発生件数は過去2番目の規模になっているとの統計も発表されているなど、各企業において、不適切会計の未然防止と早期発見が大きな課題となっています。
 本講では、最近に発表された調査報告書にみられる不正事例について、その発見の端緒、手口、発生原因などを紹介しつつ、社内における不正の芽を早期発見するため、どのような点に着目してアンテナを立てていくのか、会計不正に関する「発見統制」構築のポイントを解説します。

主要講義項目

Ⅰ 最近の会計不正の傾向について
Ⅱ 発見統制の重要性について
Ⅲ 昨今の会計不正事例
 (1)    ネットワンシステムズ社の不適切会計
 (2)    売上の前倒し、架空計上、原価付替え等による粉飾決算事例
 (3)    海外子会社における資産流用などの事例
Ⅳ 3線ディフェンスを利用した発見統制のポイント
Ⅴ その他の発見統制について

受講料

無料

※募集は締め切りました

処理中です…

このままお待ちください。