【東京】新リース会計基準の概要と実務対応の考え方~財務諸表へ及ぼす影響の考察~(WEB受講)

申込締切

タイトル
【東京】新リース会計基準の概要と実務対応の考え方~財務諸表へ及ぼす影響の考察~(WEB受講)   【会員向け(無料)】
セミナー概要

経理部門にかからわず、全事業会社必聴

講師

山本 勝一  公認会計士(有限責任 あずさ監査法人 アドバイザリー統轄事業部 パートナー)

開催日程
2024年02月01日 (木)  ~ 2024年02月16日 (金)
講義時間

約90分

申込締切
2024年02月16日 (金)
開催趣旨

3月決算の会社では2027年3月期から新リース会計基準が強制適用される可能性が考えられ、その場合は、現時点から2年強の準備期間があることになります。新リース会計基準を適用すると、従来のオペレーティング・リースを含む全てのリースを借手がオンバランスしなければならず、業種によっては財務諸表に大きな影響が生じ、負債が大きく増加し財務比率が悪化すると思われます。このような財務諸表の変化について、審査上どう考えるべきかについては議論があるところです。
また、新リース会計基準適用プロジェクトを進めるに際しては、システム導入が必要になるケースが多く、単純に会計論点を検討するにとどまらない可能性が高いです。
本講では、このような状況を踏まえ、新リース会計基準公開草案の概要を解説し、財務諸表に与える影響を考察するとともに、新リース会計基準適用プロジェクトの進め方についてもコンパクトに紹介します。

 ①新リース会計基準の適用見込スケジュール
 ②新リース会計基準公開草案の概要
 ③借手の財務諸表に及ぼす影響および審査担当者目線での留意点
 ④新リース会計基準適用プロジェクトにおける勘所
 

受講料

無料

※募集は締め切りました

処理中です…

このままお待ちください。